ノート

ガムシャライター、ノートへの目覚め

こんにちは、ノート研究中ライター改め、ノートや手帳をガムシャラに書く、ガムシャライターeyecoです。

 

「1日1記事更新」を掲げていて、9日目にして折れました。

ガムシャラ手書きが続かなかったこと、無念です。

ただ、こんなふうに飛び石になったとしても、続ける。

自分自身がノートや手帳とどう向き合ってきて、これからまたどんなふうに活用していくかを模索、検証、研究すべく、”書き散らかす” と決めたからには、迷い、ぶつかりながら爆走していきたいと、気持ちを新たに引き締めて。

 

振り返ってみると、わたしのノートの使い方は、

大半が、ジャーナリングやライティングセラピー的要素が強め。

それは、やはり、”本気のおつきあい” をはじめたきっかけが大きな要因で、また、この時期に、こういうふうなおつきあいをされているさまざまな方に出会ったりして、興味を深めたということもあります。

 

↓↓さまよい真っただ中の頃の話↓↓

www.room510edit.work

 

自分の中でも大きな核になる部分だと感じるので、

このあたりを掘り下げながら、しばらく進めてみたいと思います。

 

先日のノート講座でも、参加者のみなさんにおすすめしたのが、

 「3行日記+いいこと記録」です。

わたしはこれをひそかに、「わたし革命3行日記」と呼んで書き続け、現在2年半に突入しました。

 

f:id:room510edit:20190503160104j:plain
2016年秋からはじめた日記。3行以上になっても、以下でも、毎日書くことで「気づき」の促しや「行動すること」の後押しになる

 

「わたし革命3行日記」のつくり方

  1. 行動記録を簡潔に書く(3行程度を目安に短くまとめる)
  2. 「1」の下に、○ワクワクしたこと ○この先やりたいことやなりたい(こうありたい)自分 ○課題 をそれぞれ書く
  3. 毎日続ける

 

最初の「行動記録」は、感情をそぎ落としてなるべく簡潔に書きます。

例えば、「朝から掃除。午後はジムに行って運動してから、買い物へ。夕飯は、親子丼を食べた。」など。簡単でOKです。

 

次の、3つのテーマですが、ここがこのノートのキモです。

この3つは感情を入れたほうが気持ちもノリます。

 

<例:ワクワク>

○カワイイと狙っていたバッグが半額セール中!!欲しかったし、迷わず即買い♥ 今日イチのワクワク!

→ワクワクした感情、嬉しい気持ちを体感する習慣をつける

 

<例:やりたい・なりたい・ありたい>

○ジムに行ったら、歩き方が優雅な人がいて思わず見ちゃった。あんなふうにしなやかで美しい人になりたい。

→モチベーションにつながることを常に探し、考えるようになる

 

<例:課題>

○早起きして朝から行動しようと思ったのに、昼まで寝ちゃった。次は目覚まし3つかけよう。

→ダメ出しだけで終わらせず、どうしたらいいかまで考えるクセをつける

 

わたしは、この3つのキモは、冒頭に色違いの丸シールをつけて、

パッと見分けられるようにしています。

 

この日記も、自分のためだけ。

誰に見せるわけでもなく、自分のためのものなので、

気構えず・気取らず・気負わずで、楽しくやってみるといいです^^

 

これが習慣化してくると、身の回りのこと、自分自身、抱えていた様々な問題も、不思議と整ってきます。ほんとうに。

 

毎日ちょっとずつ、1行や一言でもいい。

書き続けること。

書くために、自分や自分を取り巻いているあれこれに、気を配り、記録していくこと。

1カ月続けてみると、じんわりと、実感してくるはずです。

変わる一歩に、ぜひ。

 

↓↓ 今回のノート ↓↓

 

↓↓ 今回のシール (※色違いです)↓↓

 

 

↓↓わたしの日記のもとになった奥平亜美衣さんの「いいことノート」も掲載されています!好評発売中♪♪ ↓↓

夢をかなえる! 私のノート術 (e-MOOK)

夢をかなえる! 私のノート術 (e-MOOK)