ラジオ

【39 radio アフタートーク】#53 #54 数秘で読み解く!個人サイクル前後編

こんにちは、eyecoです。

2021年ラスト2回の放送は、数秘の個人サイクル別に来年(2022)の予測を立てていく内容でお届けしています。前後編2回に分けていますよー!

画像をクリックするとラジオにJUMP!!三角マークから聴けるよ♪(53回前編が上、54回後編が下)

個人サイクルは誕生日で切り替わる

個人サイクルとは、数秘術の観点から誕生日で割り出す波です。社会全体の流れの数字(社会年/ユニバーサルイヤー)は文字通り社会全体を表すものであるのに対し、個人サイクルに基づいて出す数字(パーソナルイヤー)は、自分を起点として流れをつかむもの。わたし自身は、個人サイクルで出た数字は、社会年よりも意図的に使っていくといいと感じています。

社会年の話についてはこちらをどうぞ!
【39 radio アフタートーク】#49 翌年のヒントは10月にあり?こんにちは、eyecoです。 今回は、来年の年まわりの数字「6」に注目しつつ、アッコさんとにぎにぎと今年の10月を振り返ってみまし...

個人年が切り替わるのは誕生日からです。早生まれの人は、新年を迎えて間もない頃に切り替わるので、わかりやすいですが、11月、12月生まれなど、その年の後半に誕生日を迎える人は、1年遅れのイメージになるかもしれません。ただ、個人年の基準は「自分」なので、誕生日がその年の後半にあったとしても、社会年と合わせて読んだ時に変わるだけです。

来年から始まるeyecoの数秘リーディング×ノートの個人セッションでは各人に合わせてグイッと運気ごと動かすノート術をご提案します!

個人サイクルの年の数字で「攻める」

これは、あくまでわたしの読み方ですが、わたし自身去年からずーっと数秘を読み解きながら確信めいてきている感覚は、これです。

社会年の数字は ”受け身” 、個人年のほうは ”攻め” という感覚で使っていく。

社会年の数字(2021年は2+0+2+1=5で「5」が社会年の数字)は、誰にも堰き止められない大河の流れのようなものなので、”受け身” の姿勢でとらえていく。川下りするようなイメージで、イカダに乗りながら流れに身をまかせつつも、大怪我はしないように注意を払います。

個人年の ”攻め” は、個人年(1〜9)の数字の特性を活かして、それに合った過ごし方をするということ。例えば、わたしは2021年は「1」ですが、5月生まれなので、前半は「9」でした。

そこで、前半は「9」の特性である、”終わり、完結” を意識して大掃除。要・不要を見極めてバッサリ落としたり、次のステージに気持ちよく進むための土壌作りをすることを意識して、行動しました。行動は、社会年「5」です。意識するだけじゃなく、アクティブに動くこと。つまり、断捨離もパッパッとフットワーク軽く進める、などなど。

後半は、「1」の特性である、”始まり、種まき”。これから8年かけて育てていくもの、何が育つか分からなくても、「とにかく種をまく、やってみる、行動あるのみ」を意識して過ごしています。2021年は「5」ですが、これから2022年「6」に突入するので、社会年が変わりますよね。だから、わたし自身の種まきも年明けからは人間関係の方向にシフトしていくつもりです。意図を持って。

この意図を持つことが、”攻め”なんです。攻め!

パーソナルナンバー(PL)との絡み

社会年、個人年と年まわりの数字を読むだけじゃなくて、そこに、個人が持つ4つの数字(パーソナルナンバー/PL)を絡めていくことも数秘術の醍醐味です。

【39 radio アフタートーク】#47 同じパーソナルナンバーを見るこんにちは、eyecoです。 今回は、同じパーソナルナンバーの人を見てみよう、というハナシ。 数秘術を学んで...

この4つの数字(人によって1つだったり、2つだったり、3つだったりしますが、わたしは4つで全体を捉え、流れを読んでいきます)は、自分が持つ武器のようなもの。武器といっても、刀や鉄砲のように攻めるものだけじゃなく、盾や鎧のように防御するものもあるし、知恵や癒しなど目に見えないものもあると思ってみてください。

そして、そのパーソナルナンバーは、例えば何か事象が起こった時、それが難局だった場合でも、最終的にはプラスの方向に作用するように考えていく数字の特性を知り、自分をハッピーな方向へ導くための度量を磨いていくものでもあると、わたしは考えています。

大河のような社会年の波にもまれても、個人年で地に足をつけながら、自分が持つ数字の特性をフル活用し、自分で自分をよりよい方向へ誘導していく。それをノートや手帳で可視化することで、どんどん運がひらけていき、思い通りの生き方ができるように自分を導いていきましょう!

少しずつでも、確実に変わります。だから、行き詰まったら、目の前の石じゃなく、脇に生えている雑草に目を移したりして自分の気を上手にそらしながら、全部数字のせいにして幅を広げ、書きながら自分の可能性をどんどん高め、のばしていきましょうね!
数秘ノート
無理しないで前進できる「数秘×ノート術」で自分らしく歩こう!こんにちは、eyecoです。 今日は【数秘】メインの話をしたい。
 2021年4月から、わたしの手帳ワーク講座は「数秘術」の...