ノート

ワクワクのつぼみをしぼませないで

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

いよいよ部屋ごもりの限界、1時間ほどですがついにベランダ日光浴を解禁しました!

f:id:room510edit:20200426173042j:plain
ずっと眠っていたレジャーシートを叩き起こして広げる

解禁というほど大げさなものではないのだけれど、自宅と仕事場が一緒なので、これまで息抜きを外ですることが多かったんです。仕事で煮詰まったとき、手帳タイムで理想や未来を書き散らかす時間は、家から飛び出してカフェなどでやることが常でした。

ウチとソト、使い分けしながらうまく回るように動いていたんですね。

 

それが、いまは難しい状態。
前にもちょっと書いたけれど、自宅のベランダや庭でホッと和んだり、読書したり、リフレッシュの場になるようにしている人たちの様子を見て、わたしもそういう空間がほしいなと思うようになっていました。

 

そのためには、やっぱりコレが欲しい。。。。!

あと、くつろぐならもっときれいに掃除してからじゃないと。
と思いながら、ずっと部屋の中から指くわえてベランダを見る日々が続く。

 

それが、突然、パーンと飛んだ!

「○○がないと。。。」
「○○してからじゃないと。。。」

 

え? それ必要? と。

 

もちろん、きれいなベランダで、いいなと思っているハンモックチェアーがあればパーフェクトなんだろうけど、じゃあ、いまそれ買う? そしていますみずみまで掃除する? わたしの中の「ベランダでくつろぎたい」のモチベーションは、その2つをクリアするほど高いもの?

 

そう考えたら、しぼみそうだ。
せっかくの「○○できたらいいなぁ」という、ワクワクのつぼみが開かなくなっちゃう。

 

消えない不安があるとき、変化のない状態、ワクワクが生まれにくいようなときは、ちょっとでもワクワクしたり、ニコニコするようなつぼみがポッと膨らんだら、小粒でも咲かせるようにしたほうがいい。なにより、この陽気! 浴びないともったいない。

 

そんなふうに思ったら、そこからが早かった。
レジャーシートと踏み台、クッション、ひざ掛けを運び、日光浴場をセット。お茶、手帳&ノート、ウディ(犬)をお供に1時間ほど狭いベランダに座るわたし。あー、気持ちいい。つぼみが咲いた。パーフェクトではないけれど、十分快適。

 

f:id:room510edit:20200426173151j:plain
ウディ、ガン寝

気分がノッてきて、部屋では筆が進まないでいた、わたし自身の理想・目標系のプランニングがどんどん出てくる! 本を読みながら、自分のために、あれこれ実践する時間を久しぶりに楽しんだ。

 

そしてもう1つ良かったことは、つぼみが咲いたことで、ベランダ掃除のモチベーションが上がった! それは、「悪くない」レベルではあっても実際にベランダ日光浴の快適さを知ったことで、「ここがきれいになったらきっともっとくつろげるな」という具体的なイメージが浮かんだから。

 

準備が整わなくても、完璧じゃなくても、「やりたい!」を、いまできる範囲・自分がやれる範囲で実行したことで、腰が上がらなかった”気が進まない” ことも、その先に具体的な楽しみがクリアに見えれば見えるほど、「よし!やるか!!!」となります。ノッちゃうんですね、気持ちがひょいと。

 

逆に、「やることを済ませてからじゃないとやりたいことをやりたくない!」という人もいると思います。自分のクセを見極めていくと、自分の動かし方や守り方がわかってくるので、とても面白いですよ。それはやっぱり、書くと見えてきます、確実に。

 

ただ、一度や二度書いたから見えるというわけではなくて、ずっと書き続けることが大事で。それはやっぱり、動いている、変化しているから。自分自身も、まわりも、状況も、刻々と。だから、ノートや手帳にメモをしながら、いきつ、戻りつ、足元や行き先や目的を確認するんです。

 

さあ、来週からも、ノートを広げて書きますよー。

 

eyeco