ノート術・手帳術

2021→2022年またぎで思うこと

皆様、明けましておめでとうございます。

去年に続き、今年も晴天続きの年末年始でしたね。
皆様、いかがお過ごしでしたか?

2年ぶりにみんなで年越し

わたしは、2年ぶりに年越しを実家で過ごし、去年のお正月は一緒に過ごせなかった親戚や友人ともゆるり団欒などできて、ホッとした2021の締めくくり&2022の始まりになりました。

これまではずっと、仕事を大量に抱えたまま年またぎをしてきて、コロナ禍だった2021でさえ、手帳を振り返ると2日から迫る締切に向けてガツガツ仕事初めしている様子がまざまざと記録されていました。

しかし、今年は、今年は違う! 追われるような気持ちで過ごす年末年始じゃないなんて、一体何年ぶりなんだろうか。いや、これまで一度もなかったような気がする。。。。!!

なんて思いながら、完全に浮かれ気分で12月後半を過ごしてきたこともあり、年末年始に実家でゴロゴロ、ノーパソコン、ノータイピングな日々を送っていたらもう、完全に思考停止に陥りました。

頭が全然働かないし、意欲が全くわいてこない。いいのだろうか、これは、ちょっと、ねえ。

結局ペンは持たずにいられない

ただ、書くことはしていました。アナログで、手帳にね。

去年のブログを見ると、去年は結構鼻息荒かったなーと笑。新年早々みなぎっている。
ある種の危機感にさらされ続けた1年でもあったし、変化の波(数秘5)の年も意識しているところも強かったように思います。実際、変化したしねー、揺さぶられたよね、結構!笑

書きながら2020→2021 年またぎで何思う皆様、明けましておめでとうございます。   ご挨拶が遅れてしまいましたが、晴天の元日。良い予感しかしない!! と早速先取りしています。 ...

2022年は、数秘6の年。もっと人と人とが絡み合うような展開や場面が多くなる予感がしています。例えば、何かの危機があったら、去年は「一人一人が注意しよう、気をつけよう」とか「あなたはこうするのね、わたしはこうするわ」という感じだったけど、今年は恐らく「助け合おう」とか「援助しよう」とか、そういう感じで関わり合うムードが強くなるんじゃないかなぁ。

だから、そこでまた、愛憎ひきこもごもと言いますか、人間の感情面が吉凶引っ張る方向になるから、絆や愛が深まる交流と、逆に、喧嘩や仲違いが勃発することも、去年よりは増えるかも。それをフューチャーされやすくなるというか。

2022年はより自分にフィットする方向に

それを踏まえて、じゃあ、どんなふうに2022年を歩いていったらいいか?
ノートと手帳に数秘リーディングもプラスしながら、今年はより自分にフィットする方向で舵切りしていきませんか?

あいのーとWSもいよいよ4年目!
数秘リーディング個人セッションのお知らせ、アップしました^^
気になる方、ぜひお気軽に体験しにきてくださいね♪
がっつり読みますよー!