インタビュー

eyecoの裏手帳④12カ月分のワクワクをつくる・・・だけでは終わらない

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

EDiTよみものページで紹介していただいた、わたしの「1日1ページ」手帳。インタビュー中にも一番熱を込め、うっとうしいほどアツく語ったのが、EDiTの1日1ページ手帳にある「マンスリーイベント」です。これがあるからつい買っちゃう、そのぐらい気に入っています。

 

f:id:room510edit:20190513232602j:plain
EDiTよみものインタビューページのキャプチャー。右側がマンスリーイベントページ。

マンスリーイベントページに通年のテーマをセット

これは、2018年のマンスリーイベントページ。毎年、1年間の通年テーマを決め、そのテーマに沿って12カ月分の「TO DO」を書きます。

 

f:id:room510edit:20190513235728j:plain
2018年の通年テーマは「人生未経験のことをする」と設定。やりたいことも気が進まないこともひっくるめ。
f:id:room510edit:20190514000511j:plain
2018年の月間イベント。1カ月1ミッションとして敢行。

2017年は「ワクワク」、2018年は? 

2017年は、自分の気持ちが上がるようなワクワクを強く意識した12カ月だったのに対し、2018年は、「ずっと気になりつつ尻込みしてできないでいること」や、「これを機に思い切って挑戦したいこと」にフォーカスしました。

 

後回しにしていることを狙い撃つ

最初から12カ月分を一気に決めるわけではなく、月末や、気が向いたときに「ああ、この月まだ何も決めてないし、やるならこの月にしようかな」と、空欄のマス目を埋めていこうという心理が働くので、後回しにしていることなどを「えいや!!」と弾みをつけてやれるという利点を感じました。

 

2017年のマンスリーイベントは、ワクワクできないことを悩んだ時期を抜けようと必死だったため、アゲアゲな手帳です(笑)

 

f:id:room510edit:20190514001242j:plain
もうフキダシにワクワクを書いている有り様
f:id:room510edit:20190514001331j:plain
2017年は、ひたすら「ワクワク」だけを考えた12カ月。ミッション・ワクワク発動中。

回り出した幸運のサイクル!

2017年のマンスリーイベントを振り返ると、ワクワクへの意気込みがすごい。そして、友人や家族の存在がどれだけ救いになったかとてもよくわかります。ほんとうに、ありがとう。後半は外に向いていた気持ちが、内に戻ってきている様子が見受けられます。さらにありがたいことは、転機を迎えてから見事に幸運のサイクルがグルングルン回っている! 取材ではみなさんからそのような話をたくさん聞きましたが、ほんとうに、これはすごく実感しています。

 

そして2019年、今年は、初めて「理想の12カ月」を作ってみました。イマジネーションを働かせて、ルンルンしながら夢のような理想を書くという境地に達するには、まだまだ修業が足りないと思ってはいましたが、わたしの妄想に拍車をかけてくれる友人の力強いサポートもあり、完成させましたよ!

 

さて、どのぐらい叶うのか。乞うご期待です^^

 

↓↓ マンスリーイベントが楽しい♪ EDiT1日1ページ手帳↓↓

 

↓↓ EDiT よみものページにインタビューが掲載されました^^ ↓↓

edit-marks.jp