フクフク手帳ワーク

ヴィジョンマップからあぶり出されるもの

こんにちは、eyecoです。

さあ、今年も更新しました、ヴィジョンマップ。
前回はいつ作ったんだろう? と振り返ったら、2021年2月10日。
1年弱、更新せずにこれを飾り続けていたんですねー、わたし。

2021年最初のヴィジョンマップ!こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。   ヴィジョンマップを更新!2021年初回は、こんなかんじになりましたー! なにやら...

パラパラめくって気になったらビリッ

フクフクワークでも、新年最初の回(新春の席)でやることが恒例になったヴィジョンマップ作り。雑誌やチラシ、なんでもいいのですが、紙モノを使って大きめのノートにチョキチョキ切り貼り、コラージュを作っていきます。

まずはパラパラめくって、心が弾んだり、ちょっと気になるな、っていう引っ掛かり(ポジティブな方向の)があったら、ビリッと破いてキープ。作業は直感、目と手を動かして、ドンドン進めていきます。

わたしは今回、すきなお店の冊子(フリーペーパー)の中にたくさん「ビビッ♡」がありました

お気に入り集めだけにしない

コラージュの目的が「お気に入りのものを集める」のであれば、「お♡」と思った雑誌の切れ端などをコレクションして、時間がある時にペタペタ貼ればいいのです。例えば、ピンタレストとかデジタルでも同じ感覚で ”スキ♡を集める” こともできますよね。これはこれですごく楽しいと思います。

でも、わたしが作るヴィジョンマップの目的は、お気に入りを集めることだけじゃないんです。

ノートワークの一環でやっているのわたしは、”スキ♡を集める” だけじゃ終わらない。出てきたピースを並べて、まとめながらしっかり考察。気づけなければ、始まりません、何事も。

読まない雑誌と時間制限がキモ

「スキ<気づき」 の構図が強い、わたしのヴィジョンマップですが、この気づきが新しいスキの発見になったり、または心の奥底にあった願望だったり、あるいは、言葉にならなかった思いが出てきたり、するんですよ。だから、面白いし、定期的に作りたくなるんです。

気づきを増やしていくにいいヒントは、”普段読まないもの” を混ぜること。

目がいかない、興味がわかなかった、見えているのに見えてないようにスルーしてた、そういう雑誌や冊子類、広告チラシ(チョキチョキ切り貼りするので)なんかもいいと思います。好きなテイスト、よく読む馴染みのものと一緒に、そうじゃないものを1つは入れてみてください。1冊じゃなく、複数からピックアップするのがおすすめです。

それと、もう一つ大事なのは、時間制限。ダラダラやらない、決まった時間の中で直感に従い、即断即決していくというちょっとした緊張感はマスト。思考するのは後、とにかくルールにのって目と手を動かすこと。「Don’t think, Feel!」です笑

回数に制限なし!「褪せたら更新」

こんなふうに、制作は時間制限をつけて一気にやりますが、更新は好きなタイミングで。作り終えたら目につくところに置くのがポイントなので、気持ちにズレやギャップが出たり、あまり心が動かなくなったりしたら替え時。

わたしはこれ、2017年からやっていますが、最初のうちは1カ月ごとに作っていましたよ。整わない時期ですね、言葉にならないモヤモヤとした気持ちや迷いが渦巻いている時は、ヴィジョンマップの回数を増やし、視覚的につかまえていくのもおすすめです!

わたしはA4のノートに全部貼っているので、これまで作ったものをバーッと振り返ると、その時々で自分がフォーカスしているものがわかるだけじゃなく、余白の使い方なんかからも「ココロの余裕」を読み取れて面白かったりね♪
  1. 新しい雑誌/冊子/チラシでやってみる

→「今、気になるもの」と今にフォーカスしたいから。「初めて見る!」初めまして状態のほうがフラットになれるのでおすすめ。過去から拾わないで、新しい自分をこれから作るイメージで取り組んで!

  1. 制限をつける

→見開きノート、という空間の制限、時間の制限を設けます。「限りがある」なかで、何を選択していくのか。入れる、入れないの判断を誰でもない、自分の観点で、自分の「よし!」を積み重ねて。

  1. 言葉を拾う

→なるべく言葉を拾ってください。いいなあ、だけじゃなく、なんか引っかかる、というワードが今の自分に必要なものだったり、自分では言葉にできなかったことを代弁してくれるものだから。

  1. 目につくところに飾る

→場所はお任せですが、1日1回見られるといいですね。クローゼットの中など、自分だけが見られる場所にそっと飾るのもおすすめです。見ても気持ちが動かなくなったら、迷わず更新しましょう!

わたしの歴代マップ、ピックアップしてみましたよー(↓)

2月の「新春の席」でできるヴィジョンマップ作り

さて、今年もやります。今年最初のフクフクワークは、ヴィジョンマップとふせんマンダラート! 1年で最も楽しくて、最もタフなノートワークだけど、これがすごく好評で、わたしも毎年ワクワクしながら取り組んでいます。

今年はコロナ蔓延の状況で、開催を断念しかけましたが、皆様からの強いお声もいただき、「新春の席」をオンラインで実施することにしました! 黙々と制作する、工作メインの会にはなりますが、旧正月の時期に合わせ、1月の振り返りも兼ねつつ、ここでカブトのオビをぎゅぎゅっと締めにいらっしゃいませんか?

詳細&お申し込みはこちらです!

フクフクワーク詳細ページ

フクフクワーク新春の席・申し込み