ノート術・手帳術

開くけど書けない手帳にモンモン、どうしたもんか

こんにちは、eyecoです。

いよいよ、迫る、初夏の席。
それに先立ち、個人セッションでワークと数秘をがっつり体感していただいた方たちもいらっしゃり、わたし自身も、数字でツボ押し&書き散らかしを通していろいろと刺激を受けています。

今日は、そんな中からいただいた質問に。

手帳を開くけど書けない。どうしたらいい?

頭の中、だけじゃない。生活もバタバタしたり、とっ散らかってくると、手帳を使っている人は、手帳の余白の空き具合でわかるようになっちゃいますよね、自分の状態。

普段から書くことでアウトプットしている人は特に、アウトプットできない状況になると悶々が増します。モンモンマシマシ。そんなときに、サッと手帳やノートを開いて、溜まっていたあれやこれやを書き出そうとして、スルスルッとペンが踊ってくれればいいんですけど、なぜか固まってしまうとき。そんなときは、これ、試してみてください。

①場所を変える

物理的に移動します。今いるところから違うところへ移って、改めて広げてみてください。場所を変えると気分が変わってサラサラっと書けることあります。ちなみに、「後で書こう」は解決になりません。先延ばしにするのは避けて。

数秘でもちらっと読んでみようかなー、あくまでわたしの解釈ですが

【5】【11】の人
→場所を変えるだけで詰まりが解消、解決すること多いです。移動してみてくださいー!
【3】の人
→テンション上がるお茶請けとか側に置いてみて。ただし、お茶請けに気を取られてそれ平らげたら満腹満足もういいや、ということにもなりかねないので加減が必要かも。

②書き出し先を変える

もしかしたら、「ちゃんと書こう(まとめたい願望)」があるかもしれませんね。その場合はなかなか書き出しづらくなっちゃうかな。そんなときは、まず、広告の裏とか、どうでもいい紙にバーッと書いてみてください。下書き気分でOK! ここでフォーカスすべきは、「どこに書くか?」ではなくて「何を書くか(何が出るかな?方向でゆるっと)」です。どうでもいい紙だったら気負わず書けるもの。そこにチャチャッと書いていくうちに、本当に書きたいことがズルンと引き出されるから。そうしたら、続きをノートや手帳に書く、または、ズルンと出たところだけ書き写してもいいよね!

【4】の人
→形式から入りやすいから、入り口が整ってないとどうにも気持ち悪くて「カケナイ」となるやも、なので、その場合は自分が持つ他の数字に意識を傾けてみて!
【7】の人
→こちらもコツコツ積み上げたくなる欲が掻き立てられるかもしれないけども、大丈夫です。広告の裏に、思うままに書くことに気持ちよさを感じられるんじゃないかな

目的はアウトプットなので、気軽にやるのがおすすめですよー♪

上半期振り返り&半年ビジョン! フクフク手帳術・初夏の席

《eyeco’s work planning》

●上半期レビュー
→1〜5月までをQ&Aで振り返るワーク

やりたいことを実現化するには?
→実現化を早めるリスト作りのTIP&ワーク

下半期の計画を立てる
→ガントチャートを使って筆入れ&実践!

etc…

《詳細》

  • 日時:2022年6月5日(日)
  • 開催時間:10時30分〜13時30分(3H)
  • 場所:東京駅/銀座周辺(場所は参加者のみに通知)
  • 参加費:4000円(テキスト・一部材料含)
6月の数秘×手帳フクフク初夏の席、募集開始いたしました!バナーをクリック、または上の【ワーク講座】から詳細をどうぞ!

マンツーマンがいい、という方、相談兼ねつつ、がっつり数秘リーディングしたい、という方は、お好きな日時で個人セッションも受付中です。お試しくださいね♡ あいのーとLINEからもコンタクトOKです!

あいのーとLINE登録いただくと参加費優待になります。登録後メッセージでお問い合わせください