日記

eyecoの寝ぼけごち | カレーと振動

某月某日 昼下がり

残り物のカレーを食べて、一息ついて。
ああ、もうちょっとだ、もう少し、と伸びをすると。
これが終わったら、何があるんだろうな、とふと思う。

当たり前なんかないと思って生きているくせに、
当たり前のように流れる日々が続くと、
そのありがたさを忘れてしまいそうになる。

久しぶりに、ウディがいない家で。
いないのに、あちこちに気配を感じて、キョロキョロする。

名前にひかれて、初めて買ってみたお茶がまずい。
こんなサプライズはいらないので、日常を取り戻したい。

騒がしすぎる毎日に、ほとほと疲れてきていて、
早く終わらないかなと願う。
轟音と振動の連続、
内装工事の真っ只中で、ひとりごち。