日記

eyecoの寝ぼけごち | 金曜16:48

某月某日 金曜日 午後4時すぎ。

散歩に行きたがらないウディに痺れを切らし、ついに台所に立つ。
キッチンじゃなくて、台所。昭和感がぬぐえない、マイスイートホームだ。

ウディと一緒に長めの散歩をしながら、お惣菜屋さんに行きたかったのに。
ついでじゃないと、面倒で仕方がない買い物。やることが積み上がっていくと、途端にこれだ。
とにかく落ち着かなくなる。仕事が気になって仕方がないワーカホリック。
とりあえずにんじんを刻もうか。

2週間前に産直で届いたにんじん。
野菜類は、キッチンペーパーに包んでからビニールに入れて冷蔵庫で保存すると、結構日持ちがするんです。
昔々、料理研究家の連載担当だった頃にあれこれ身につけた知識が、時々こんなふうに頭の引き出しから飛び出してくる。

しかし、野菜室がないわが家の冷蔵庫は、野菜たちにとっては過酷な場所に違いない。
いつもボディがキンキンに冷えている。セーター着せてあげなくちゃいけないかも。

キンキンのにんじんを無心で刻んで、最近ハマっている「カンタンレモン酢」でひたひたにする。
キャロット・ラペ、なんて複雑な名前なのに、実は切って漬けるだけというシンプルさがいいよね、
なんてひとりごちて切り刻んだにんじんをまた冷蔵庫へ戻す。さあ、一品できた。簡単だ。

ウディは相変わらず机の下でねばっている。まだ散歩に行かない気か。
仕方ない。もう一品だ。

これまた2週間前に産直で届いたビーツ。
気になって仕方なかったのに、他に気になることを優先し続けた結果、
冷蔵庫の中でキンキンになり続けるしかなかったビーツ。ごめん、寝かせすぎたね。

包丁を入れたら鮮やかな赤。美しさに写真をバシバシ撮るわたし。
感動をすぐに閉じ込めたくなってしまう。閉じ込めたって仕方ないのに。
でも、撮らずにはいられない。撮ることで、安心したいんだなと、最近感じる。
カメラを手にするときは、思考が止まるから。1点に集中する、嫌でも、自然と、そうなる。
その時間が、案外わたしには必要で、救いにもなっているのかな、
と、こんなふうに書いててふと思った。

マインドフルネス

も、

な。

ビーツは、ズッキーニと玉ねぎと一緒にコンソメスープにした。
野菜たくさん、具沢山。完璧じゃないか。

そうこうしているうちに、ようやくのっそりウディがお目覚め。
さあ、散歩に行こうか。

eyeco

今週は長かったー(まだ終わってない。。!)そして久しぶりにこの本を読んだよ(↓)