フクフクWS

【季節の席】2023 冬の席・おさらい編

こんにちは、eyecoです。

12月3日(日)数秘&手帳ワーク【冬の席】を開催しました。

冬の席のねらい


2023年の今年は、新春(2月)・春(4月)・初夏(6月)・真夏(8月)・秋(10月)・冬(12月)と1年を通じて6回設けた「季節の席(ワーク)」。今回の【冬の席】は、参加者の皆さんと1年の総まとめを。

内から外にダダ漏れる、フタしてきた問題や課題に直面する(正面から向き合うか否かが迫られる)ような流れの2023年、残り1カ月と来たる2024年をどう波乗りしていくか。数秘の観点からも社会の流れ、そして参加者皆さんそれぞれの傾向を読み解きながら、現状整理&布石を打って。今回も、ゴリゴリ書いて、ハッとして、グッとくる3時間のペンタイムを過ごしましたよ!

フクフクワーク、というかもう道場。書いて、磨いて、研いでいく感覚をつかんで、養って、アウトプットで再確認して、また入れて、の繰り返し

レビュー!レビュー!レビュー!

10月は来年の縮図!?

毎度行うレビューですが、今回はまず、皆さんに「10月の過ごし方」をお伺い。例年、数秘で10月は翌年の流れを先取りするような動きと読む傾向があるので、2024年の雰囲気や温度感に意識を向けやすいんですよね。

というわけで、これを読んでくださっている皆さんにもお伺い。2023年の10月はどうでしたか?

ワーク講座では、ぽーんとこんなふうに軽く投げてから、個人の星や流れなども加味して掘り下げています。ドキッとしますよね笑

4つのキーで振り分ける「わたしの2023」

さらに、2023年に皆さんに起きたことを「4つのキー」に沿って振り分けを。物理的な事象、精神や内面的な動き、どこを切り取って出していくかは自由。端的に出していくだけでも、今年のあれこれが浮かび上がってきましたね。

書き終わった後で全体を眺めてみてください。キー同士の関連が多い調和型、真反対で二極化、など、俯瞰するとご自身の状況があぶり出されてきます

12カ月振り返りレビュー

1カ月、3カ月、6カ月と節目で振り返りレビューをしてきましたが、最後は12カ月レビューで締めます。とはいえ、まだ12月は始まったばかりなので、【冬の席】は11月までの振り返りを。各自、簡易的に書き出してもらいました。

最後の最後、大晦日にがっつりビッシリ振り返りレビューをするのは、もはや恒例行事。これをやらないとわたしは年が越せない↓
【39radio】#91 2022年ノート術で振り返る!こんにちは、eyecoです。 口をひらけばレビューレビュー、そんな12月です。「入れる前に出す!」そう、出さないと入りませんからね...

2024年の歩き方を考えながら筆入れ


2024年は、数秘の観点で読むと”うねりの本流・ど真ん中” といわれ、激動、なんて表現をされたりもしています。激動、激流、とにかく動く、変わる、それもわかりやすく見えるかたちで、、、ってね。わちゃわちゃするのかなー(すでに走っちゃってる兆し、というか圧があるような)という感じもするけれど、なんだろう、2024年は「人」とか「人の思い」みたいなもの(愛憎悲喜こもごも)が根幹で、突き上がり動きやうねりが激しく動、なのかな、と読んじゃうのですがわたしは、、、。まあ、これは、再来年になったらわかりますね。検証のため、ココに書き残しておきます。

そんなふうに数秘読みもしつつ、自分の足をどう出していくかは自分軸でしっかり決めて。今回は、4つのワークシートを使って、多角的に「こうありたい/なりたい!わたしの2024」の筆入れを。目標設定と具体的なアクションだけでなく、現在の状況や対策なども書き込んで可視化。

可視化が大事。そして、声に出していくことも! 目と手と耳と口、体を使って再投入なのデス

時間ギリギリまでたっぷりワーク&シェアした冬の席! ご参加の皆さん、おつかれさま&ありがとうございました! 2月の【新春の席】から2カ月置きの計6回。それぞれの席で行ったワークは、どれもポテンシャルを引き上げるものです。ぜひ、繰り返し行ってくださいね!

最後、最後といってますが、12月13日(新月)からは、12回目のフクフクモーニングノート(フクモチャレンジ)がスタートします!!!年末までのカウントダウンに早朝30分で効率的にセットアップしちゃいましょう!!
対面ワーク!「春の席@大阪」ほっこり薬膳茶付♪