ジャーナリング

突き動かされる思い

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

きょうはノート。1周回ってこの話をちょっと深堀り。

www.room510edit.work

 

そう、「ノートなんて書けない!」です。
ここからスタートしました、わたしも。
ペンやノートは持っていて、書いていても、真の意味では「書いていなかった」んですよね。そう、書いていなかったし、書こうなんて思ってもいなかった。

ノートと向き合うとか、変わりたいとか、そんなことを考えていたわけではなくて、とにかく整理したかった。いろいろと。それは、なにより自分が自分のことをほんとうにわかっていないというか、自分で自分の気持ちが、意思がわからなくなってしまったことにあるとき愕然としたからです。裏を返せば、そんなことを考えもせず、漠然と日々を貪ってきたというか、なんとなく「こうすればいいんでしょ」と感覚的に過ごしていたから。思い返せば、欲しいものややりたいことが明確で、そこに向かってガムシャラだった20代とは全然違う時間を過ごした、30代。目を開けたまま寝ていたとはこのことかと(汗)。

 

↓↓ 事情はこの辺を探ると、なんとなく出てきます ↓↓

www.room510edit.work

 

www.room510edit.work

 

www.room510edit.work

 

ノートを書くことで、最初はボヤけていた視界が少しずつクリアになってくるのを実感したのは、この3行ワクワク日記をつけ始めて3カ月くらい経ってからだったでしょうか。少なくとも、半年後には、なんとなく自分の中で何かが変わっていったような実感が出てきました。それと同時に、嬉しい出会い、ホッとするような出来事、ガッチリ強力な支えなどがほんとうに自然と、舞い込んできて不安を1つ1つ取り去っていってくれて、無理せずに前を向けるようになっていった。少しずつ、でも、確実に

 

誰に聞いても答えは出ない。「自分がどうしたいか?」ということは、周りからヒントは得られても最後は自分が決めること。自分との対話を重ねるのに、ノートにどんどん書きました。それはいまでも変わらず続けています。続けることで、変化も実感できる。自分が目指している自分、ありたい自分に近づいているような、手応えをしっかりと感じているから、なんですよね。

 

「それはeyecoだからだよー。毎日なんて、書けないよ」

 

とも言われますが、「できない」ではなくて、結局は「やる意志があるかどうか」ではないかなと思うんです。これは、なんでもそうだろうけれども。

 

特に、「変わりたい!」とか、何かを「変えたい!」思って何かに取り組む場合は、強い意志と継続なくしては達成は厳しいですよね。自分でハードルが高いと思っている場合はなおさらです。どう変わりたいのか、それがはっきりと明確であれば、意識や行動もフォーカスされ、実現への一歩を踏み出しやすくなります。明確にするために、自分と相談です。相談するには、紙とペンがあればいいんです。ノートはなんでも受け止めてくれます。他人に見せる必要もありません。遠慮なく、自由に、のびのびと、書けばいい。

 

わたしがこっそり「わたし革命」と呼んでいる、「3行+ワクワク日記」は、ノートと向き合う練習というか、まずは「書く」ことに慣れるためのもの。1日1行でもいいので、記録を残しながら書くことを習慣化する。書いて、時々ページを行き来し、振り返りながら、自分のやったことや思いを見つめる。過去を振り返り、いま現在を書き、未来の行動につなげる。書くことは、そのための、小さな、でも確実なステップだと思っています。

 

そこで、僭越ながらですが。。。。。。!!!

ノート作りを通じて改めて強く実感したことを、乱文恐縮ですが、メモ書き状態で備忘録したいと思います!(以下、引用部分は手書きメモのママ)

 

f:id:room510edit:20190421221033j:plain

 

変わりたいなら、書く。書けば確実に変わるから。
自分の中で変化が起こる。それを感じるには、書き続けるしかない。

 

「できない」じゃなくて、
「書けない」じゃなくて、
やる意志があるかどうか。
そこが重要で、そこがポイント。
書きたくなければ、書かなければいい。

 

でもそこで、「今日は書きたくない」と一言書くか、書かないか。
書くと、きっと、感じることはある。
「書きたくない」と、ただ一言書くことでも、
未来の自分が得るものは大きかったりする。

嫌だったらやめたっていい。
辛かったらおやすみしたっていい。
毎日休まず書くことよりも、休みながらでも細く長く継続できるなら、そういうスタイルを取るのも自由。自分のペースでやればいい。
周りを気にする必要はないし、あせる必要も全くない。

 

変化は周りが察してくれる。
書いたものをたどれば、自分でもそのうち気づく。
そして、変化の手応えを感じられるようになる。

そうなるためには、書くしかない。
書けばわかる。
書き続けなければ、わからないから、書くんだ。

 

 

「ノートで変わる!(変わりたい!)」に興味を持っている皆様、ぜひ、お気に入りの1冊とペンで、いろいろと書き散らかしてみてください。モンモン脱出も、自己実現も、スタートはノートから。心強い伴奏者になってくれますよ^^ 

 

 

↓↓ 手帳講座、残席1になりました(ありがとうございます!)↓↓

event.spacemarket.com

 

↓↓ EDiT よみものページで連載が始まりました! ↓↓

edit-marks.jp

↓↓ EDiT よみものページにインタビューが掲載されました^^ ↓↓

edit-marks.jp