スケジュール・タスク

【おしらせ】フクフク手帳ワーク春の席、ととのいました!

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

2021年、風の時代突入と言われていますが、ラジオでも読み解きましたように、数秘術でも2021年は「5(変化)」の年、動く年と読まれています。社会の動きを見ながらも吹き飛ばされないよう、軸足は自分でしっかり決めていく。そんなことがこの先ますます求められていくんじゃないかなと思います。

 

2021年は「本気を引き出す」をテーマにワーク講座をやります。書いて整え続けるうちに、自分の内側からずるっと出てくる本音を逃さずキャッチ、そこからもっと深いところに眠っている本気を引っ張り出して点火する、そんなイメージで1年間、皆さんと一緒に走っていく所存です!!!

 

というわけで、4月のワークはこれ!

 

f:id:room510edit:20210227165822p:plain

 

 

。。。なんか、気合を入れたらすごいガチャガチャしたアイキャッチ画像になってしまったけど、行儀よくおさまらないくらいイロトリドリな本気と取ってください、笑

 

数秘で読むと2020年4月は「固める」のに最適

2021年度初月に当たる4月は、数秘で読むと”終わり、完結”を表す「9」の月になります。年度が切り替わる節目月に、去年からのズルズルに区切りや見切りをつけ、心機一転、仕切り直したり、新たなタネまきをするのにベストな時期! 翌月の5月から新しいスタートとなる「1」の月が始まるので、その前にがっつり見直して足元を固めちゃいましょう! 

 

また、4という数字は固定や安定を表す「固め上手」な数字でもあります♡  
コツコツが苦手だなという方も、数字のチカラにあやかって、ここでバシッとやっとけば上昇気流に乗れるかも^^

本気を引き出すには土壌づくりが欠かせない

本気は与えられるものじゃなくて自分の内側から引き出すものです。そして誰もが持っているけど見えにくいものであり、勘違いしやすいものでもあるんですよね。本気ってなかなかなれるものじゃないし(なっているつもりが多い)、瞬発力だけでどうにかなるものでもないから、準備が必要。それをノートと手帳に書き散らかしながら、自分の本気を引っ張り出していくワークをします。

 

地図にも武器にもお守りにもなるノート&手帳を味方につける

ワーク講座では、ノートと手帳の両方を使います。わたしは、「ノートは包容力! 手帳は行動力!」と使い分けているからです。仕切りなく広い面で自由になんでも書いていいよというノートはなんでも受け止めてくれる包容力がものすごい。そして、1日ごとに仕切られた手帳は「限りある現実」を突きつけてくる分、前進と成長を促してくれるものだと思っています。書くことでたくさんの気づきが生まれます。書いているときは分からなくても、数年経って救われることもあります。過去の自分が未来の自分に勇気や自信や励ましや気づきを与えたり、叱咤激励なんかも飛ばしていたりする。ノートや手帳は分身なんですよね。

 

とっちらかった「今」を整理し、軽やかな未来へ

4月のワーク講座は、「手帳×管理」にフォーカス。やること満載、とっちらかったあれこれをどうやっておさめるのか、など日々のタスク管理やプランニングを中心に、実用的な手帳の使い方をお伝えします。今回は、数秘術のティップも取り入れながら、ご自身のパーソナルナンバーからどのような手帳管理が向いているかなどもご紹介します(※希望者のみ)。

 

 

《eyeco’s work planning》  

とっちらかりやモヤモヤを可視化する
→ワークで思いっきり書き散らかす!

 

 ワクワク優先未来プランニングする
→リミッターを外して自由に書くワーク

前向きな整えを手帳でかなえる
→手帳またはノートを使って筆入れ&実践!

 

ワーク講座の詳細は、トップページ「ワーク講座」よりご確認くださいね!
リピーターさんはもちろん、新規でやってみたいという方も、大歓迎です!
手帳やノートを書く習慣がなくてもまったく問題ないです。

 

www.room510edit.work

お問い合わせは、お申し込みフォーム、またはインスタグラムのDMからどうぞ^^

 

皆さんの中に眠る本気、この機会にずるっと引っ張り出してみませんか?

eyeco