講座・ワークショップ・シェア会

フクフク手帳づくりワーク終了!

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

本日、フクフク手帳づくりワーク開催でした!

 

f:id:room510edit:20201029210724j:plain
今年最後のリアル書き散らかし!無事終了!(※また写真を撮り忘れたのでありもので汗)

いつもより広いお部屋で、ソーシャルディスタンスを保ちつつだったので、いろんなモノが共有できず、さらに、ホワイトボードの資料が見えにくい状況もありご不便おかけしましたが。。。。。がしがしと書いていただくことを始め、参加者の皆様が思い思いにアウトプットしていただく時間をいつもよりもたっぷり取れたかなと思うので、結果、とてもよかった!! 

 

細かい話は後日に回しますが、やっぱりね、ノートや手帳に向かうのも、ひとり黙々とやるのと、こんなふうに同じ空間で、みんなでやるのとでは全然違うの、効果が、もう本当に!! おそらく皆さんそれぞれが、自分が思ってもなかったことがポンッと浮かんだり、または、出したくて出せないでいた感情が言葉になって飛び出たり、そんな ”生まれる時間” を体感できること。

 

これはやっぱり、いつもと違う空間で、集中できる時間というのと、同じ問答でも人の受け取り方を聞けることで視野が広がったり、発見につながったりするんですよね。広がり方はもう、無限大! なのです。

 

3時間の中でも、最初の30分と最後の3時間目では、変わります。みんな、顔つきが変わるのでよくわかるんです。スッキリした顔になる。

 

わたしの、ノート&手帳づくりはあくまできっかけの場であって、わたしが解決策を教えるわけじゃないんです。ワークを続けることで、いかに自分で気づいて、自分の中から引っ張り出していけるか。深く奥に潜む芯の部分、これを自覚することから始まるので。でも、これがひとりだとなかなか大変、難しい、自分自身のことって「わかったつもり」になっちゃうから。でも、自分のことって一番バイアスがかかるので、他人を見るように気負いなく、冷静に眺めることができるのはある種、達観できている人だけなんじゃないかな。一瞬、客観視できたとしても、またすぐ「見たいように」見ちゃう。ネガでもポジでもね。

 

だからこそ、継続。書くことで、視点を広げていける。確認もできる。そんなふうにノートと手帳を使いながら、整えて、広げて、伸ばして、歩きたい方向に橋をかけながら前進していく。

 

2020年12月、そして、2021年もセットして!

ゆるやかにでも着実に足跡をつけながら、過ごしていきましょうね^^

 

eyeco