仕事こぼれ話

【本日発売!】お片付けのカギは「捨てる理由」にあり!

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

先日お知らせしたこちらの本、『お片付けノートで見えてくる!大事なのは「捨てる理由」でした』(moca著・主婦の友社刊)本日発売ですー!

 

f:id:room510edit:20210121182645j:plain
著者は整理収納アドバイザーmocaさん!

 

コロナ禍で、mocaさんと、主婦の友社の担当さんと楽しく一緒に走らせていただいた本です。車道から空から、視点を上下に動かしながら取り組んだ1冊で、思いもひとしお。片付けはスッキリするだけじゃなくて、スッキリの先にある本当の豊かさにたどり着くためのものなんだ、ということを体感できる本だと思います。

 

www.room510edit.work

 

 

そして、そんなお片付け熱は、わたしを通り越して、父へ飛び火しました。

 

mocaさんの本作りが始まった頃に、「ちょっとやってみない?」と両親に呼びかけてみたところ、mocaさんのお片付けノートのメソッド通りに ”不要品” を探し始めたのは、父。

 

f:id:room510edit:20210121180859j:image

 

。。。。。。ぎっしり!!! 理由が、みっちりと!

 

 

f:id:room510edit:20210121180843j:image

 

先日、これをmocaさんにお見せしたところ、「お父様のお片付けノート、お父様の人生が見えるかのようですね。。。。!!」という言葉とともに、「過去ではなく『今』にフォーカスしているのが伝わってきます」と。

 

それを父に伝えたところ、なにやら嬉しそうでした。

 

父の処分したものを見ていると、なんとなく取っておいたものというよりは、愛着があったり、思い出があるからこそ、長らくしまっていたのかなとも感じます。踏ん切りをつける必要があるかどうかは、自分が決めたらいいので、「捨てる必要はない」と思えば取っておいたっていいんだけど。

 

「あるのは想い出だけなので、処分」というメモや、「思い残すことはない、処分」という一言を読んで、ちゃんと自分の中で折り合いをつけて次のステップに踏み出したんだな、とわたしも感じました。mocaさんがいうように、「今」にフォーカスしているんだなって。

 

そんな父のパーソナルナンバー(いきなりまた数秘術出しちゃったけど!笑)のうち、影のキーナンバーといわれる天命数は「3」。そう、前しか見ていない、今にフォーカスするのが得意なナンバーだったりする。なんか、笑っちゃったな。

 

eyeco