手放す

整えは、家の中だけじゃない

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

残る1本、どうしよう。

 

。。。。歯です、歯の話。
左上奥にニョキっとはえている親しらず。

今月上旬に、右上の親しらずを抜き、痛みもなく順調に回復。
残る1本(※下は2本とも遠い昔に抜歯済み)も、いよいよサヨナラのときかもしれない。

 

家の掃除、整理整頓が終わってきたので、からだのおそうじ、整えも!
ということで、先月からまた歯医者に通い、今日で終わり、一段落の予定だったけれども、先生に言われて引っかかっていた、左上の親しらずもここでスポンと取ってしまえば、気がかりが1つ減ることになる。

 

数字でよみとく数秘術的見解でいうと、2020年7月はどうも世の中全体グラグラ期らしいです。ゆらゆらにうまくのりながらやりすごしたり、備えたり、動かずにいたり、人によってよりフィットした行動があるのかもしれませんが、数秘のアッコセンセ曰く「無理に逆らわないほうがいい」そう。(聞きかじり情報につき、詳しく知りたい方はぜひ、マダム・アッコで検索を!笑)

 

なんとなく、わたしは、”準備” かなぁという気持ちでいる、7月。
備えあれば憂いなし。なまりきったからだをメンテしながら、どんなペースで下半期を走り切るかをじっくりと計画したい。椅子に座って、と言うよりは、ゆるくジョギングしながら、というイメージです。

 

下半期、皆さんはどんな気持ちで迎えたいですか?

 

eyeco