スケジュール・タスク

いつも手帳に書いていること。そして今宵は満月です

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

今宵満月です。満月は、日頃の感謝を伝える日。振り返りレビューをしながら、ひとつひとつ「ありがとう」を込めつつ、その思いやこれからの展望をノートや手帳に書いてみるのに良いチャンスデーなので、ぜひ実行してみてくださいね!

 

かくいうわたしも、つい今しがた、書き散らかしてまいりました。目標や展望を書こうかなと思ったんだけど、開いたときに現状整理をしておきたいなという気持ちが働いたので、現状整理から入り、レビューをもう一度見直して、記録的な書き残しをしてきました。結果、ウィッシュリストにはならなかったけど、その都度、やりたいようにやればいいさ、と思っているので、今回はこれでよしです笑 あれこれ決めすぎちゃうとね、疲れちゃうからね、ほどほどに笑

 

さて、今日はきのう書こうと思って書ききれなかったこれを。

 

f:id:room510edit:20200902224123j:plain
わたしの1day振り返り

絶賛、新しいやり方模索中。
写真はこのブログ用に書き直したものだけど、ほぼわたしの8.31の動き方をトレースしています。

 

これまでノートに書いていたことをコンパクトにして手帳に集約していきたいなと思っていて、上から

 

本日のフォーカス

予祝的理想イメージ

TODO(時間に沿った行動軸)

ワク粒(本日のポジメモ)

 

を書いています。実際に使っているのは、ウィークリーなので横幅がもっと狭いし、書く位置も全く同じではないけれど、要素としては変わらない。特に、予祝的理想イメージ部分は、手帳ではなくノートで完結させていたものだけど、もっとシンプル&コンパクトにして、手帳にスライドさせたいと考えています。

 

終わったらスタンプのように色分けマーカーを押していくんだけど、わたしは、黄緑=「仕事」、赤=「家の用事」、青緑=「糧」、としています。こんなふうに、1日の中にいろんな色が入っている状態は、わたしが一番好きなかたち。バラエティに富んだことをまんべんなくやるのが理想。偏りすぎると、窮屈さを感じ始め、頭が回らなくなるから。

 

とはいえ、当然ながらこういう日ばかりではない。。。でも、意識したいことでもあるので色分けで常に何が一番多い状態なのかを認識している。

 

こんなふうに、手帳を書くときに少しばかりルールめいたものも作っていながらも、それにとらわれすぎないようにするということも結構重要だったりするんですよね。特に、自分が変化の途中にあるときは、「今までは当たり前のようにやっていたことが、急にモヤモヤし始めた」とか「突然億劫に感じるようになっちゃった」とかいう現象が起きたりします。

 

そういうときは、思い切ってやり方を変えるのも手。「これまで」に立ち返ろうとしてずっとその場で足踏みをしているよりは、10歩くらい歩いてみちゃう。「違うなー」と思ったらまた戻ればいいわけで。

 

案ずるより書くが易し。手帳の書き方も、変わっていいんですよね。

 

eyeco

 

★本日の相棒(手帳↓は2021年バージョン!)★