ノート

不本意!のカタマリをやりたいかたちに変える

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

ああ、カフェに行きたい。
カフェでゆっくりと、くつろぎのひとときを。
カフェでじっくりと、手帳やノートと向き合う時間を。

 

いや、いまは、

 

ここではないどこかで一心不乱に原稿を書き上げたい!

 

悶々。

 

エスケープ熱が高まっていることをひしひしと感じているのですけど、どうにもならないため、苦し紛れで、家を即席カフェ風にしてみる。土曜日の昼下がりにヨイショ、ヨイショとソファやテーブルを移動。

 

きのう買い物したときに入手したお花を飾り、戸棚の奥からめったに使わないカップ&ソーサ―を出し、アレクサにカフェっぽい曲を流せ、と命じて席に着く。

f:id:room510edit:20200704191835j:image

 

「ココハ、イエジャナイ」

 

と、脳に言い聞かせながら、まず手帳タイムを。
そして、パソコンを開いて、原稿の続きを書いていく。

 

おおおおお。。。。。。

 

はかどる。

 

要は、場所じゃない。気持ちの問題なのかも。

でも、この「気持ち」がわたしはめっぽう大事であって、「気持ちがのらないと稼働しない」というやっかいなとこがあるから、ちょっと意識しています。

 

最近、アッコさんの手ほどきもあり、数秘術も読んでいるんですけど笑、根本的に「気持ち優先」なのはわたしがたくさん持っている ”3” という数字からも読みとれちゃいます。 強く、感じる、3。どこまでもわたしを追っかけてくる、3。大柱は ”9” なんだけど、たくさんの3がまわりを取り囲んでいるという、数字だけで読むとオトナコドモが同居してます、ハイ。そしてそれを感じることが、数秘を読んでより深く理解できるようになった気もしています、ハイ。おもしろいです。

 

↓ついつい開く、面白くて読み込んじゃうの↓

 

話を戻して、「やりたいな!でもできない」と思ったときは、

 

どうしたらできるかな

どこまでならできるかな

 

この2軸で考え直します。わたしの場合は、「やりたい!できない!あきらめる!」とスパッといけなくて、上の2つにかけてぐるぐる回します。

 

↓ちょっとずつたべておなかをふくらませる!↓

www.room510edit.work

www.room510edit.work

www.room510edit.work

www.room510edit.work

www.room510edit.work

 

ちょっとずつだけど、「できなかった。。。」というフラストレーションはちょっとかじるだけでも軽減される。まったくやらない、または、「やりたい!」という思いを完全に封じ込めちゃうのは、なかなかつらいものがある。

 

もちろん、こう、状況が許さないというような外的要因で「できない」ことを「やむなし」と飲み込まなきゃならないようなことは、多かれ少なかれあるけれど、飲みたくない「不本意!」というカタマリだってむりやり流し込むのはつらすぎるから。。。そういうときは、機を見るか、見方を変えるかして、ラクを取る。自分にとっての、ラクを見つけ出す。

 

そこに、ノートやペンがあると、本当にいい。
たかが書くこと、されど、なんです、本当に。
必ず、日付を書いて。いまこの瞬間の自分を可視化していくことで、自分の中から見えることがぽろぽろたくさんノートにこぼれ落ちていきます。

f:id:room510edit:20200704191859j:image

 

それをながめて、何を思うか。
その答えは自分にしかわからない。だから、おもしろい。

 

 

eyeco