ハウツー

フォーマットクエスト②ウィークリーバーチカル編

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

手帳のフォーマット、いろいろありますよね。
悩ましいです。

 

きのうは、わたしもがっつりと使い倒した1日1ページ手帳を中心に、好きなことを言い散らかしましたが、きょうはウィークリー。それもバーチカルに挑んでみたいと思います。

 

↓↓ きのうの言い散らかし ↓↓

www.room510edit.work

 

ウィークリーのバーチカルとは、1週間が見開きで並んでいて、時間軸がわかるようになっているので、タイムマネジメントしやすい仕様(というかむしろそれに特化しているような)です。

f:id:room510edit:20190528185032j:plain
ザ・バーチカル手帳

時間割をキッチリ作っていくというようなイメージがあるバーチカルは、「自由にやりたい!」「こう決めたけど今は気分じゃないからこうしちゃお!」という欲求を許さない空気に満ち満ちている。。。。。。(困ったことにわたしはそういう欲求が強い。。。)そう感じてしまって、わたし自身はなかなか手を出せずにいたフォーマットで、これまで2、3度トライするも、結局こうなってしまったのが悩みでした。

f:id:room510edit:20190528185651j:plain
ただのTODOリストの羅列に成り下がる

 

この辺り含め、過去のPOSTにも何度か書いているのですが、1日を時間ではなく「TODO」基準で切り分けてしまうと、時間があっという間に過ぎていく。例えば、書類作り1つでも「午後1時までに仕上げないと、会議が始まっちゃう!」という場合と「今日帰るまでに終わらせたらいいか」という場合では、かかるプレッシャーが違う。時間の限りを意識したときの集中力とスピードで動くことに慣れていけば、もっと効率的、有効的に時間を使いこなすことができるんじゃないか。

 

過去のインタビュー取材や読み漁った仕事術の本などを通じて感じたのは、いわゆる、超一流、成功者と言われる方々は共通して時間の使い方が見事。「TIME IS MONEY」の感覚を皆さんしっかりとお持ちでいたこともとても印象的でした。そして、業務量や仕事に割かれる時間は多いのに、やりたいこともしっかりやっているという驚くべきバイタリティを持っていて、決して「忙しい」ことを言い訳にしないんですよね。

 

↓↓ ここにも書きました ↓↓

www.room510edit.work

 

フルタイムやパートタイム勤務、家族の予定に合わせて動くなど、拘束時間が多い方は、バーチカルウィークリーにすんなりと入りやすいと思います。動けない時間をブロックしていくと、「自由にできる時間」が可視化されるので、そこで何をしたいかなどを考えて、予定を組んでいけるから。

 

f:id:room510edit:20191002083943j:plain
例えばこんな風に。。。

↓↓ これもお忘れなく♡ ↓↓

www.room510edit.work

 

上のバーチカル手帳、実は以前、ビジネスコンサルタントの鈴木真理子さんを取材をしたときに伝授していただいた “時短をかなえるノート整理術” の作例。中でも、「作業時間の計算」と「成果は数字で捉える」は、この取材をきっかけに強く意識するようになりました。

 

f:id:room510edit:20191002085938j:plain
もっと! 夢をかなえる!私のノート術 (e-MOOK)

もっと! 夢をかなえる!私のノート術 (e-MOOK)

 

★好評発売中!!ぜひご一読いただけましたら!

ミスをしない人のお仕事ルール (TJMOOK)

ミスをしない人のお仕事ルール (TJMOOK)

 

★こちらの巻頭インタビューでも鈴木真理子さんに手帳術聞きましたよ! 

 

わたしのように、基本的にはアポ以外、時間拘束がない動き方をしていると、ついつい感覚的かつ衝動的な行動をとってしまいがちなのでこの先にいくためにも、ここを自分でももっと締め、コントロールする必要性を痛感。「時間は有限である」を意識しなくてはと心底思い、そのステップとして現在は1日1ページ手帳からウィークリーに移行中。トライ&エラーを繰り返したバーチカルを極め「時間に追われるではなくつかまえる感覚を手に入れる」という最終目標に向かい、踏み出しました!

 

明日は、いま現在活用しているウィークリー手帳について考察します。

 

 

 

===EDiT 連載コラム 第3弾・更新されました!!===
シェア大歓迎♡応援よろしくお願いします^^

 

===ゼブラのカンタンカリグラフィーシート使ってみてね!===

f:id:room510edit:20190921135621p:plain

https://www.zebra.co.jp/calligraphy/pdf/kantancalligraphysheet.pdf