ジャーナリング

ノートにたまるエネルギーと爆発力

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

”ノート研究ライター” 。。。。。。いつも、なんか、もっとフィットした言い方はないのだろうかと思いながら、今日もこんなふうに書いてしまっている、このちょっとした違和感。ノートとは、note。notebookではなくて、note。書き留める、とか、そっちの方、だから、むしろ「ノートの書き方研究」のほうが正しいような気がする。でも、なんかPOPじゃない。。。。。いや、そもそもネーミングにPOPさって必要なのか、わたしはPOPを求めているのだろうか。うーむ、なんかやっぱりスカッとしない。

 

なんて、こんな脳内です、いま。そして、これが、わたしのデフォです。
常になんかしらの思いや考えがモジになって脳内をビュンビュンと飛び回るアクティブな状態がずっと続いているので、無になるのが難しい。

無になりたいときは、頭の中におっきなハケをイメージして「無!無!」と脳内で叫びながらワッセ、ワッセとハケが白塗りしてる様を流す。いや、もう全然「無」じゃないじゃん。。。と、とにかく騒がしい。

 

そんなふうに、常に脳内を言葉がビュンビュン飛び交っているので、まずはそれをそのままノートにどんどん出していくのが、「第1段階の書き散らかし」になってます。

 

f:id:room510edit:20200318223841j:plain
こんなかんじね。思いのままにペンを走らせます

↓ あれこれだだ漏らしすぎ ↓

www.room510edit.work

 

www.room510edit.work

 

 

書き散らかしたものは、一度放置。しばらく経ってからパラリとめくって眺めていくと、自分のセンサーがピクピクと反応するような言葉だったり、思いに目がとまるので、それを、書き直す。これが「第2段階」です。

 

ここから、フカボリが始まります。
ノートを使って、自分とのおしゃべりタイム。
気乗りしないときは、無理にやらなくてもいいけれど、気乗りするように自分を仕向けるのがポイントです。

www.room510edit.work

 

↓ 未読の方、ぜひこれは一度読んでほしい! ↓

www.room510edit.work

 

うまくいっているな!
そんなふうに思っている時も、書いて、必ず、振り返る。

思い込みって、気づかないことが多いから。

 

決めつけると苦しくなっちゃう。
書いて、ほどいて、ホッとしたり、元気になったり、自信を取り戻したりすると、まず自分の見ている景色が変わり、それからまわりが変わっていくことを感じます。

 

まわりは、自分自身が変化しているから、変わったように感じる、ということもあるけれど、変化って伝播するから、近しい人ほど、良くも悪くも同調していく部分はあるかもしれないですね。人が放つエネルギーは、すごいです。言動だけでなく、存在からも、だだもれてきますから。。。!

 

そういう意味でも、自分が「どうなりたいか/どうありたいか」と考え、実行に移すことは大事なことだと思います。わたしの転機は、自分がまるでわからなくなったこと、自分がイヤだと思う自分を引きずりながら生きたくないと痛感した、人生マサカがきっかけでしたが、ノートには、一番厳しい時期を支えてもらいました。

 

コロナ渦が続き、いまなお、順風満帆とはいえない状況が続いていますが、以来、どんなときでも「どうなりたいか/どうありたいか」はしっかりイメージしながら歩いています。

 

そんな、わたしの書き散らかしの一片でも、皆さんにお届けできたなら!
オンラインとはなりますけれども、どこからでも繋がれる手軽さ、そして嬉しさがありますので、迷いの森にいる方はぜひ「自分を見つける90分」でお会いしましょう!

 

 ↓ ご案内はこちら! ↓

www.room510edit.work

 

 ↓ 内容わかるからサッと申し込みだけしたい!という方は下記フォーマットから↓

【オンライン限定】わたしの1カ月セットアップ★参加申込書

 

お天気が不安定なので、みなさん、どうぞお気をつけて!

 

eyeco