日記

ちょっとずつかさねて、かさねて

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

昨日は、3カ月ぶりにスクリーンなしのワーク講座を実施してきました。
すごく良かったです。やっぱり、嬉しいですね、じんわりきてしまいました。

 

↓ 迷ったけど、思い切って良かった。。。!! ↓

www.room510edit.work

 

ご参加くださった皆さんからも、心温まる感想をいただいて、改めて、笑顔で集えたことに感謝です。家にこもりきりで動かしていなかった体にムチ打つ気持ちで、皆さんからいただいた時間をムダにしなように、と頭をフル回転させながらテンポよく進めていくことを意識しすぎて、途中、「おや?なんだっけ?」となったり、フラッとしたりなんて、ヒヤッとする瞬間もありましたが(!)、みんなで手をつないで第1回のゴールテープを切れた思いです。

 

そして、ココで終わりではない。
ここから1カ月後までは、それぞれが、自己管理を求められる期間になるわけですが、欲張って二段飛ばしで駆けあがろうとせずに、ちびちびでも毎日少しずつ手足を動かしていくということが、1カ月目はポイントかなと思っています。

“明日へのズルい近道はない”

 

ですね。はい。
宇多田ヒカルの「time will tell」をまた引き合いに出してしまいました笑

 

なんでもそうだと思うんですけど、
始めるのって結構カンタンなんですよね。
その気になりさえすれば、始めることって割とスッとできるんです。

 

難しいのは、続けること。
凡人と天才を分けるのはココ、とも言われますよね。

 

「連続しなくてもいいから、継続することをやめない!」

そんなことをノートに書いたりして、進んでいきましょ。

f:id:room510edit:20200622154122j:plain
コツコツをつみかさねて(写真は2006年頃、ニースの町カフェ)

 

eyeco