手帳

ひとことキャッチでやる気出す

こんばんは、ノート研究ライターeyecoです。

 

今日もこんな時間になってしまいましたが、しれっと更新です。
11月は、どんな月にしようかなぁ、どんなことを意識しようかなぁ、と思いながら3日経ってしまいました。実は、具体的なアレはまだ書いてないのですが、柱は8月にざあっと決めていました。

↓↓ 毎月の具体的なアレ(過去形で書くWISHです) ↓↓

f:id:room510edit:20190517001431j:plain
インタビュー記事にも載せたやつですが。。。コレです

edit-marks.jp

 

気負わず決める、月毎の “ひとことキャッチ”

「動く」とか「休む」など、方向性だけをざっくり決める。1本筋を通すような気持ちで、月毎のひとことキャッチをつけ始めたのは、今年の8月。年末までのアップダウンを見据えて、4カ月分を一気に書きました。

f:id:room510edit:20191103225529j:plain
「方向づけのひとこと」というイメージ

手帳を開くと、まず最初にこの文字が飛び込んでくるので、「ああそうだ、今月は見直す月でした(10月)」といやでも意識するようになっちゃう。

 

ただ、だからといって、カレンダーをくるっとめくるように瞬時に切り替えができず、1〜2週間くらいは食い込みになっている。例えば、10月早々に「衣替え」と書いておきながら実はそれが終了したのは、今日だったし、仕事机が紙の山でごちゃごちゃだったのがずーーーーーーーーーーっと気になりながらも全然手がつけられずにいて、ようやく腰が上がったのは今日。さらに帳簿もつけながらも、「ただ書いて閉じて終わり!」が続いていたから、ちゃんと読み解くことをしなくちゃなー(汗)と思いながらもずーーーーーーーーーーーっとできていなかった。これをやったのも今日!

 

つまり、今日、10月中に清算しきれなかったことをぼそぼそとやっていたという状況で、11月に食い込んではしまったものの、気持ちはかなり晴れやか!

 

先日のPOSTでも書きましたが、「やっておきたいなぁ」の分別がホントにキモなんですよね。これ、ノートだといくらでもかけちゃうし、理想の自分でTODO書いちゃうと、スーパーマンじゃないとムリでしょ、というくらい、時間も精神的余裕も考えずに詰め込んでしまいがち。

 

www.room510edit.work

 

頭の中に置いておかず、文字に

日々のやることと、その月の中でやってしまいたいということ。その月じゃなくても、翌月や翌々月になっちゃってもいいかな、と思うことを分けて考えると、できなくてもそんなに落ち込まなくて済む。

 

ただ、頭の中に入れっぱなしにするよりも、書いておくと、「ああそうだった、そうだった、これね」とすぐに手をつけやすくなるから、やっぱりいいですよね。

 

まさに衣替えなんかは、寒いのか暑いのかわからない日が続いて、出すに出せずしまえずにしまえず、中途半端なかんじで部屋に収納BOXが転がっていたので、ようやく片付いてすっきり。

 

そして、冬物の箱をあけて、服が12着しか入っていないことに、若干驚くわたし。ちょっと処分しすぎたかなぁ。。。。若干の秋物と春物を駆使しながら、乗り切ってみようかしら^^;

 

===EDiT 連載コラム 第4弾・更新されました!!===
シェア大歓迎♡応援よろしくお願いします^^

edit-marks.jp