ジャーナリング

数字で考えるあれこれ②数字で行動見える化

こんばんは、ノート研究ライターeyecoです。

 

これでいいのかな、そんなふうに思ったら。
数字にする。2回目の記事です。

 

f:id:room510edit:20191104212812j:plain
数字で考えるあれこれ。

 

↓↓ 初回は「数字×お金=感情にフタ」でした↓↓

www.room510edit.work

 

苦手を自覚し受け入れる

2回目は、時間です。かっこよくいえば、タイムマネジメントです。
苦手です。ホント、これ、わたし苦手でした。
基本、気持ち優先、いまを生きる!
勢い任せで動く衝動タイプなので(涙)。。。。!!

↓↓人のタイプを分類・分析する話もあちこちにあったけど↓↓

www.room510edit.work

 

でも、まずはこの「苦手」を受け入れることが大事で。
苦手を改善したいならば「意識する」ことは絶対必要なわけで。

時間も感情にフタして手帳を見よ

「意識→実践→分析→実践」これを繰り返す。
お金と共通項としては、時間も感情にフタです。
「感情にフタして時計を見る」ということも結構大事。
ゆらゆらと揺れ動く感情ではなく、しっかりとメモした手帳を見て動く。
その方が断然、目標達成には早い。

 

↓↓直近でもPOSTした”TIME IS MONEY”の話 ↓↓

www.room510edit.work

 

だからこそ、意識して、しっかり自分の中に落とし込む訓練を。
行動を数字にするのであります。

 

*******

【これまでのTO DOメモ】

○ウディ散歩
○原稿書き
○ストレッチ

===

【改良版TO DOメモ】

9:00 ウディ散歩(30分)
10:00-12:00 原稿書き(120 ※編集推敲は後!最低でも1000字)
23:30 0:00 ストレッチ(30 15分/ドラマは30分を1
※長風呂でズレた!睡眠時間優先/NOドラマ
******

 
CHECK

①実行前に、時間/分量を数字で記入する

②実行後に、誤差を赤字で記入する(理由を書いても)

 

いちいち数字、とにかく数字

予定の段階で、いちいち数字を入れる
実際にズレ込んだら、斜線を引いて別色のペンで時間を書き直して検証すると、自分が「理想」と思う時間の使い方と、実情にどれだけ差があるかがわかるし、実行しやすい現実的なスケジュール立てができるようになるから(これが客観視!!)、すごくいいんだけど、最初からなかなかここまでできない。

 

うまくいかないと「もーいや!」と全部投げ出したくなったり、「最初に時間を決めちゃうと、追い立てられるような気持ちで落ち着かない」とか、「時計が気になって逆に集中できない!」とかね。これ全部、過去のわたしのブツクサ泣きの言い訳です笑 

 

流れた時間は取り戻せない 

でも、フォーカスすべきは「この作業に一体どのぐらい時間を費やしているんだ?」を知るということ。「何が何でも時間通りに終わらせる!」ということではないんです。むしろ、自分が動ける時間内で「どのぐらいの時間を使うことができる?」ということを視覚化して実感することなんですよね。だから、できなくても落ち込むことは全然なくて、ここから「じゃあ、どうする?」と発展的に考えていくことこそが大事。
そう、「感情にはフタ」なのです。

 

ちなみに、よく言われている言葉ではありますが、絶対に流れを止められないし取り戻せないのが時間です。今日と同じ明日は来ない。お金はなくなっても稼ぐことはできるけど、時間はムリ。1秒ごとにさらさらと流れてなくなっていく時間をどう自覚し、貴重なソースであることを意識できるか。朝昼晩の繰り返しは同じ繰り返しではなく、全く違う時間。確実に、ジリジリと、自分の命の「終」に向かって進んでいるんですよね。常にそう考えてピリピリする必要はないけれど、ふと時々思うだけでも、時間=行動の捉え方って変わるように思うのです。

 

書くことと、振り返ることを繰り返しながら、自分で自分のクセを見抜き、思う方向に誘導する舵取りをしていく。つい、緩みがち、甘くなりがちだなー、と思う人は、数字で考えることを積極的に取り入れると、ピリッと締まります。オススメです。

 

ところで。

 

どうもついつい、自分に甘くなりがち!という方、逆に、すんごい厳しくムチ打っちゃってわたしのリトルが泣いているようだ、という方、今年最後の手帳ワーク講座に遊びにいらっしゃいませんか?

 

わたしが、日々、ブログに書き散らかしていることをより発展的に、パワーアップさせたオリジナルの手帳ワークを一緒に書き散らかしましょう^^
ペンを持って紙に書く。
ただそれだけのことのように思えるかもしれませんが、驚くなかれ、シンプルなその作業を継続していくことこそ、「変わる!変われる!広がる!」のバネになっていきます。誰よりも強く、わたし自身がそれを実感しているからこそ、いま、まさにちょっと迷路の中にいるとか、自分がどうしたいのかわからなくてオロオロ、とか、ぼんやりとした夢はあるんだけどどう実現したらいいか、など、霧の中をさまよう気持ちで、でも日々頑張っている皆様に、「おつかれさま!」の気持ちを込めて、「笑顔で2020をわたりあるく!」”フクフク(福福)手帳ワーク” を一緒にできたら嬉しく思います!

 

★☆ワーク講座のお知らせ★☆

www.room510edit.work

 

12月のフクフク手帳ワーク講座お申し込みはコチラ!(参加フォームに飛びます)

福は手帳の中にあり!!わたしの本気を引き出す2020フクフク手帳づくり★参加申込書

 

皆様と手帳を手にワクワクできる機会を、いつも、いつでも楽しみにしています!
今年もあと2ヶ月切りました。悔いなきよう、全力で走りながら、2020を見据えていいゴールを切りたいですね。思い切り楽しみましょう!