インタビュー

胸キュン文具満載♡「ときめき文具」5・25 発売

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

きょうはちょっとお仕事のお話を。まず、こちら。宝島社より本日発売になりました!

tkj.jp

胸キュン文具が満載です
ほんとうに、驚くほど進化していく文具たち。また、可愛さの幅もどんどん広がっていって、同じアイテムでも色柄がポップなものから洗練された美しいものまで好みで選べるのもうれしいですよね。

 

そして今回も巻頭スペシャルインタビューページを担当させていただきました! それと文具メーカー社員さんがいま本気でハマっている「推し手帳」の取材。お一人ひとりお話を伺う中でも、皆さん、文具への愛、書くことへの情熱にあふれていて、とても楽しい取材でした^^

 

巻頭でもご登場いただいた、文具ソムリエールの菅未里さん。菅さんのLOVEなアイテムも要チェックください。興味深いものをたくさんご紹介いただき、取材後に、わたしもアイテムをいくつか購入してしまったほど。また、鈴木愛理さんの筆記具LOVE熱も胸アツでございました。おふたりとも、数年前にも”ノート術”シリーズでインタビューをさせていただいた経緯があり、今回久しぶりの再会でしたが、伸びやかにお仕事されている様子がとてもまぶしく、そしてとても美しかったです。

 

人が、好きなものを語るときに発するエネルギーって、ぱあああああって放射線状に広がっていくような感覚を受けるのですが、それがとても心地いいんです。記事からもそれが伝わってくれるといいなと思いながら、いつもカタカタとタイピングしています。(筆、ではなくてなんか申し訳ないような思いもありますが、仕事の原稿作成だけは下書きの前、タタキの段階からもう、100%デジタル。。これはもう長年のクセというか。ノートだと内に向きすぎてしまってわたしには向かないのかもしれません。要検証←これをメモ)

 

話を戻して、「steady.特別編集 毎日が楽しくなる!ときめき文具」本日発売です!
本誌限定の可愛い文具付録もついています。ぜひぜひ、隅々までご堪能ください♪

↓↓↓ EDiTよみものページにインタビューが掲載されました↓↓↓