日記

変化を楽しめたら大丈夫

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

ワタクシゴトですが。。。。。。!!!

本日。。。。!!

 

久しぶりの、現場復帰!!!!!!

 

でした!

f:id:room510edit:20200629220143j:plain
感慨深い、一杯。(ストロー先が保護されている!これは対策だろうか)

コロナが蔓延してから、取材なくなっちゃった上に、仕事自体もなくなっちゃったりして、なかなかこれは。。。。どうしたもんかと思っていたところに、本当にありがたく、お声がけいただきました。それもすごく興味深く、おもしろそうな本で!!!! いや、これはもう、絶対おもしろくなるんじゃないかとワクワクしていて、わたし自身とても楽しみ! とにかくいろいろ大興奮。

 

画面越しの打ち合わせを重ね、本日、取材撮影がスタート。久しぶりに、ICレコーダーや名刺、ノートをリュックに詰め、除菌シートを握りしめながら現場入りしました。
ほどよい緊張感と和やかムードがとても心地よくて、なんだか感極まりそうでした。まだまだ、始まったばかりなのに。しみじみ楽しくて、じんわり嬉しいの。笑

 

手帳をめくって振り返ってみたら、わたしの、最後の取材が2月3日。ちょうどそこで一区切り、というかんじで、次回は4月か5月に。。。というのが飛んでしまってからは、取材自体がすっぱりなくなっていたので、新たなご縁と、嬉しい機会をいただけたことに感謝。

 

できることをできるだけやる。そして、何かの、誰かの、役に立つ。

 

思うように動けなくても、「いまのわたしができること」を探してやっていく。やりながら可動域を広げていって、できることを増やしていく。執着やこだわりはすっぱり取り払って、「できること」という視点であれこれ考え、動いた、3〜5月。

コロナ渦に新しく日本語の先生も始めてみたことで、図らずも、わたしがかつて思い描いていた世界の方向へ、しっかり定まってきたような気もしている。オンラインで世界とつながり、必要な人に必要なことを届けることができる喜びと責任感と。こういう状況じゃなかったら、きっと、気づかずにいたことかもしれないなと。

 

そうやって動いていけたら、きっと大丈夫。
変化も楽しめたら、ムテキです、きっと。

eyeco