ノート

セルフコーチングノート

こんにちは、ノート研究ライターeyecoです。

 

本日も、引き続き「セルフコーチング」についてお話しをしたいと思います。
きっかけは、長谷川エレナ朋美さんへの取材、そして著書を実践したことだったのですが、そこからわたし自身、少しずつですが、気づきや変化を実感しています。

 

↓↓ 未読の方、こちらからどうぞ ↓↓

www.room510edit.work

 

セルフコーチングをするにあたり、これはなんでもノートではなくて専用のノートでしっかりやってみようと思い、満を持して、とびきりお気に入りの1冊をクローゼットから出してきた次第。

 

f:id:room510edit:20190609202628j:plain
以前雑誌でも紹介した「ROUGH NOTEBOOK TEXT」!
f:id:room510edit:20190609203143j:plain
個性的なアンティーク調の表紙とクラフトペーパーが可愛くて購入!

 ↓↓ 2016年発刊の初号「ノート術」で紹介! ↓↓

夢をかなえる! 私のノート術 (e-MOOK)

夢をかなえる! 私のノート術 (e-MOOK)

 

 

f:id:room510edit:20190609203559j:plain
本に書かれた質問を左に、答えを右に書いていきます。日付は必須

理想と現実とそのギャップの答えを出す

半年以上前にやったものを振り返り。「#time」時間をテーマに自問自答。まずは、「理想の時間の使い方」を考え、次に「イヤな時間の使い方」を考える。イヤな時間の使い方は、実生活の中ですでにあることを答えるので、その2つが出たら、「『理想』と『現実』のギャップ」の原因を探っていくというやり方です。

 

f:id:room510edit:20190609204314j:plain
拡大①

いますぐできる行動を考えて実行

この3つが出揃ってから、「理想に近づくための行動」を考えていくキーとなるのは、「いますぐできる」ということ。理想というとどうしても高く掲げがちですが、理想は高低をアジャストできるようにして考えるようにすると、するっと書けるかもしれません。

 

↓↓ 「できる!」をかなえる理想と目標達成の考え方 ↓↓

www.room510edit.work

 

日付を書くことで「いま現在の自分」を意識

それと、わたしは必ず日付を書きます。それは、「いま現在のわたしはこう思っているけれど永久ではない」と思っているし、自分自身へ言い聞かせたいことでもあるから。毎日は同じではないし、環境や状況は一定ではない。自分も変わり続けているのだから、フレキシブルでありたい。時が経ち、次にやるときに変わらない回答と変わる回答、そこから見える部分により注目するためにも、日付はマストで書きます

 

さて、わたし。書き出してみたのを読み返すと、とにかく「ダラダラ」という文字が多いし、目立つ。しまいには「ダラダラするのが好き」とも書いてある。うん、まあ、これが本来のわたし、かつて家人に「ダラ子」と呼ばれた所以であります。

 

いまは、どうだろうなぁ?
いま、どうだろう。ダラダラするの、好き?

自分に聞いてみる。ソファでうたた寝しながら。。。。笑

 

 

 

↓↓ きょうの相棒 ↓↓

↓↓ 来月1夜限りの開講 ↓↓

event.spacemarket.com

 

↓↓ EDiT よみものページで連載が始まりました! ↓↓

edit-marks.jp

↓↓ EDiT よみものページにインタビューが掲載されました^^ ↓↓

edit-marks.jp